フェデラーのサーブスピードや速度&連続写真のフォーム

ごきげんよう、皆の衆。

フェデラー選手のサーブ練習動画を見てたら、そのフォーム等の美しさもさることながら、やっぱ近くで見ると相当パワフルでスピード的にも出てるんだろうな~ってことを、改めて察して俺っちでござる。

Sponsored Link

あ、ちなみにその動画がこちらな。

>フェデラー選手のサーブ練習風景動画<

うん、なんていうか、本人はすっごく軽い感じっていうか、ウォーミングアップで慣らすような感じでラケットを振ってるのに、ボールの飛び方がすごいもんな・・・(゜o゜;

サーブが早いって言ったら、個人的にはサム・グロス選手が樹立し、260km/時超えの記録が印象的であり、フェデラー選手はそういう「パワフル枠」ってよりかは、むしろ「テクニック枠」のような選手ってイメージがあったけど、こう見てると、彼のサーブもガチで打ってるところを間近で見たりしら、きっと相当な迫力やスピードなんだろうなって感じた次第である。

>フェデラー選手の画像<

く~、こんなに顔も良くてテニスも強くて、おまけにパワフルとか、テニス選手としても、男性としても100点満点すぎるじゃんかよ!笑

 

サーブの最高スピードは時速どのくらい?

さて、そうなると気になるのが、このフェデラー選手のサーブ速度についてである。

まぁ、サム・グロス選手の260km/時超えっていうのは、ちょっと異常だし、そこを超えてるわけないが、プロであれば、サーブの最高スピードは200km/時近くいってる人が多いし、さっきの冒頭の画像でのパワフルな感じとか見てると、あるいは200km/時超えくらいしててもおかしくないよな気がするが、正確な数字を知りたいなって思ったんで、「フェデラー サーブ 速度」で検索してみたぞ。

R・フェデラー
最速          209Km/時
ファーストサーブ平均速度186Km/時
セカンドサーブ平均速度152Km/時
keinishikori.infom.xyzより

ほい、そしたっけ、こんな記載を発見!

うわ、さすがに早い・・・、「我々が自動車に乗ってて体感できない速度」じゃん笑

彼のサーブの売りって、「フォームの自然さ、美しさ、全身の筋肉の上手な使い方」にあると思ってたんで、このスピードを知り、正直意外ではあったが、考えてみれば、このフェデラー選手とかあるいはジョコビッチ選手ってあたりは、テニス界での実力が、われらが日本代表の錦織圭選手をも上回るほどの大物だもな。

なんで、フォームにしてもサーブ速度にしても、何をとっても一流なのは、ある意味当然っても言えるのかもって気もしたぞ。

Sponsored Link

連続写真はスロー動画を見ても、フォームの綺麗さがわかる気がする

いや~、凄いなフェデラー選手のサーブ速度も。

最高サーブ速度209km/時っていうのは、世界一ではないにしろ、恐ろしいスピードだと思うし、この「サーブスピード」っていうのも、フェデラー選手の大きな武器になりうるとは思うが、でもやはり俺っち的に、彼のテニスを見てて一番いいなって思うのは、このスピードよるもフォームなのである!

なんていうか、「物理法則とか、体の仕組み、動き方のメカニズムに正当に基づいた、無理のない自然な体の使い方による、美しきフォームのサーブ」って感じがすごくするもんな、彼のサーブって。

>フェデラーのサーブの連続写真①<

>フェデラー選手のサーブの連続写真②<

うん、⑥~⑫くらいのシーンでの、飛び上がってからボールを打ち終わるまでの動作が、特に美しく自然だなって思う。

>フェデラー選手のサーブのスロー動画<

うん、動画で見てもそうだな。

  • まず美しい!
  • 大きな運動でうまく上半身を回転させてて、変に力んだりしたなさそう
  • 足、腰、腕、としなるように運動が連動してく感じがわかる
  • 下半身から上半身へとしなやかさを連動させる力や柔軟な体を持ってるんだろうな~

って感じの感想を抱いたが、なんだろ、素人意見で申し訳ないが、「うなりを足→腕まで伝播させる体の使い方、柔軟性」みたいなものが、きっと彼のサーブをこれだけ美しく見せてるんだろうな~って感じた次第である。

俺っちも、これ見て憧れはするものの、真似できそうって気はしないんで、このサーブそのものをパクろうとするのはやめておくが、ゴルフとかサッカーみたいな他のスポーツでも一流アスリートがしばしば「体の柔軟性が大事」ってコメントしてるのを見かけるし、先の連続写真にしてもスロー動画にしても、そこが要になってる感じは多分に感じたので、今日からいちスポーツ好きとして、フェデラー選手には遠く及ばないものの、日々のトレーニングの中での柔軟体操、ストレッチのウェイトを増やそうと思う。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ