フェデラーの歴代ラケット2015&テンションは?

どもども!

最近のマイブームは?って聞かれたら、「テニスのフェデラー選手のサーブの美しさを鑑賞することです!」って、食い気味に答えるであろう、俺っちでござる。

Sponsored Link

彼のサーブのフォームが異様に美しいっていうことは、テニスに詳しくない人でもよく知ってるくらい有名なことではあろうと思うが、改めて見てみても、ほんと美しくて惚れ惚れするんだよな~♪

>フェデラーのサーブスピードや速度&連続写真のフォーム <

また、詳細は上記記事等参照して欲しいが、あんだけフォームが美しく、「急な動き」、「不自然な動き」がないのに、意外にサーブ速度的にも相当なものになってるので、さすがは我らが錦織圭選手よりも、世界ランキングで上とされる選手だよな~って感じてしまった次第である。

>フェデラー選手の画像<

うん、んで顔的にもこんだけの美男子ときたもんだから、こりゃもう完全に非の打ち所がないと思うし、彼に対してはもう、「羨ましい!」しか思わんわ笑

 

歴代ラケットの推移が凄い・・笑

で、フォームやサーブ速度は、たしかに凄いなって思うものの、でも素人がそんな簡単に真似れるものではないのはわかるので、俺っちも憧れはするもののそれだけ(真似したりとかはできず)って感じなのだが、もう一個彼を見てて気になったのが、使用ラケットである!

まぁ、別にこれも真似しようっては思ってないし、ラケットだけ真似しても彼のようにサーブとかがうまくなるわけないのはようわかってるわけだが、フェデラー選手って、かなりラケットを頻繁に変更してることでも有名だったはずだし、それに現在34歳の彼が、10代の時(90年台)からプロとして活躍してるってことを考えると、歴代ラケットの推移って、かなりのボリュームになりそうだもな。

なんで、その使用ラケットの推移を眺めるだけでもしてみたいなって思ったんで、ちょいと「フェデラー ラケット 歴代」で検索してみたぞ!

【1998年】 Pro Staff 6.0 85
【2002年】 Hyper Pro Staff 6.1 90
【2003年】 Pro Staff Tour 90
【2004年】 n Six.One Tour 90
【2006年】 n Six.One Tour 90 Federer
【2007年】 [K] Six.One Tour 90
【2010年】 Six.One Tour BLX 90
【2012年】 Pro Staff Six.One 90
www.tennisclassic.jpより
【2015年】Pro Staff 97 RF Autograph Racket
tennis.hateblo.jpより

ほい、そしたっけ、こんな記載を発見!(流石に凄い量・・・)

このウィルソンのサイト、かなりよくまとまってるんで、より詳細が気になる場合は、上記引用もとである、下記サイトを参照するのをおすすめするぞ。

>フェデラーの歴代ラケットの名前&詳細解説(外部ウィルソンのサイトへ)<

使用ラケットの推移としては、見ての通り、Pro Staffシリーズからのn Six.Oneシリーズで、そっからの再度Pro Staffシリーズの愛用ってことか。

ちなみに、さっきのウィルソンのサイトでは2012年までの推移の情報しかなかったんで、現在の使用ラケットは改めて「フェデラー ラケット 2015」で検索してみたけど、やはり「Pro Staff 97 RF Autograph Racket」っていう、Pro Staffシリーズを愛用し続けてるみたいだな。

彼が初めてn Six.Oneシリーズを使用し始めた、2004年頃から、人気も実力も特に一流って感じになり、今のような「世界のトップテニスプレイヤー」として認識し始められたみたいだが、このへんからは「フェデラー選手の使用ラケット」ってだけで、飛ぶように売れるようになり、あっという間に完売したものもあるっていうから改めて凄いと思う・・・笑

トップアスリートの影響力を改めて感じると同時に、俺っちもこの今彼が使用してる「Pro Staff 97 RF Autograph Racket」っていうラケット、欲しくなってきたかも・・・笑

Sponsored Link

テンションは高めかと思ったが・・・

それはそうと、さっきフェデラー選手の2015現在の使用ラケットである、Pro Staff 97 RF Autograph Racketっていう名前を確認してたときに、ついでにガットやテンションの記載も目にしたんだが、その時に、ラケットのテンション(張力)の値が、思ってたより低くてびっくりしたんだよな。

ガット(メイン):Wilson Natural 16 /48.5lbs
ガット(クロス):Luxilon Alu Power Rough /45lbs
tennis.hateblo.jpより

ほい、でこれがその記載なわけだが、lbs(ポンド)ってのが、テンション(張力)の単位だな。

テニスのガットのテンションって言ったら、大体40台後半~65前後ってのが適正でよくみる値なので、メインのガットで48.5ポンド、クロスのガットで45ポンドって言ったら、若干低めってことになると思うが、それであのコントロール力だもな。
(一般に、テニスではテンションが低いとボールは飛ぶが、コントロールしにくいって言われてる。テンションが高い場合のメリット・デメリットはその真逆。)

まぁ、なんで、もっとテンションの高いラケットを使用してるのに、ノーコンで、ボールのコントロールにいっつも四苦八苦してる俺っちからしてみれば、さっすがプロの世界、さっすが要一流アスリートって感じがすごくして、ますます彼を敬いたくなる気持ちがました気がするぜ・・・(゜o゜;

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ