吉田えりの出身高校と握力や現在の年齢は?恋人になりたい

今日も一日お疲れさん、皆の衆!

シャワーを浴び終え、カップラーメンを食べながら
2chとYouTubeを見ていた俺っちでござる。

Sponsored Link

さっき俺っちがYouTubeで見てた動画はこちら!

>吉田えりのピッチング動画<

そう、あの伝説の「ナックル姫」こと、吉田えり(よしだえり)投手
ピッチング動画である!

いや~、久々見たけど、動画からでも十分伝わってくる
凄まじい握力だなって思ってしまったぞ。
(あと、個人的に元NHKの住吉美紀アナに、めちゃくちゃよく似てるって、改めて思ってしまった)

 

それにしても、ほんとパワフルなピッチング!

で、動画を見て、吉田えり選手レベルになると、握力ってどのくらいなんだろ?って
ふと気になってしまった俺っちは、早速「吉田えり 握力」でググってみたわけだが

サイドスローから、最速101 km/hのストレートと80 km/h台のナックルボールとカーブを投げる。遠投70m。50m走は8秒
Wikipediaより

っていう、Wikipedia情報が!(ちなみに2ちゃんにも同じ記載有り)

うわ~、確か握力って、成人男性の平均が、50いかないくらいで
成人女性の平均が、30いかないくらいだったはずだから
女性の3倍以上、男性の2倍以上ってことか。

く、かわいい顔して、なんてマッチョなアスリートなんだ・・・。
俺っちなんて、力比べしたら瞬殺だろうな・・・笑

ちなみに、2ちゃん情報では、吉田えり(19)って書いてあって
それを見て、過去の記載であることはわかったものの
現在の年齢がめっちゃ気になるな~って思い
ちょいとそこも確認してみることにしたぞ。

生年月日 1992年1月17日
現年齢 23歳
身長 155 cm
体重 55 kg
Wikipediaより

で、Wikipediaの彼女の基本プロフィールを見てみたけど
いやはやびっくり。
まだ23歳だったんだな。

彼女が、学生時代から活躍してる選手であることは
俺っちもよう知ってるものの、それでももうかなり長く
見てきてる選手って感じがするから、正直20代後半だって思ってたから
これは結構意外だったな。

あと俺っちは、背が意外に小さい事にもちょっとびっくりしたかな。
155cmって言ったら、これまた「かわいい」事で有名で、そして女子アスリートとしては
割と小柄である、磯崎由加里選手とかよりも、さらに小柄ってことだからな。

低身長な女性が好きな俺っちとしては、ここは魅力に感じるし、それに
背が低いっていうのは、ほぼすべてのスポーツで、ハンデを背負ってるって
言えるだろうから、そんな中頑張る彼女を、ますます応援したいっていう気持ちだ。

>吉田えり選手の私服画像<

まぁ、あとは何て言っても、彼女の場合、顔が相当可愛いもんな。
(ちなみに、NAVERまとめで見つけた画像なのだが、これ、ガチで吉田えり選手の私服らしい。)

俺っち、最初に吉田えり選手の事を見た時は
え、この子卓球の愛ちゃんに似てる・・・なんて思ったものだが
彼女とはまた違う、不思議な魅力というか可愛らしさ、愛らしさみたいなものを
持ってる女性だと思うな。

こんな可愛い顔して握力が成人男性の倍以上とか
もうギャップ萌えしかしないかも・・・笑
求婚コメは最後にする予定だから、ここではしないけど
普通に付き合ったり、それは無理だとしても、友達くらいになりたいくらい
可愛らしい女性だなって思う。

わ~、こんな可愛いアスリートの恋人になりたいものだ・・・。←無理か笑

Sponsored Link

出身高校が意外!

そうそう、あと、吉田えり選手のWikipediaを見てて
俺っち的に嬉しくなったのが、出身高校

神奈川県立川崎北高等学校出身
Wikipediaより

彼女が関東の出身なのは俺っちも知ってるし、そういう人にとっては
「え、別に何も驚くべき要素ってないような・・・」って気がするかもしれんが
実はそういうことではなくて、俺っちこの神奈川県立川崎北高等学校
って学校、普通に知ってるんよな。

まぁ、あんまり話し過ぎて身バレとかするとちょっとまずいんで
詳細は話さないけど、実はこの神奈川県立川崎北高って
全国的に有名な野球の強豪校なのだ。

風間トオルさんみたいなタレントとかも出身ではあるし
野球専門の高校っていうわけではもちろんないけど
きっと野球好きであれば、一度は聞いたことがある名前だと思うし
その辺やっぱさすがはプロになるべくしてなった選手だなって思ったぞ。

いや~、いいな~こうやってスポーツに懸ける女子
スポーツを一生懸命にやる女子って。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ