磯崎由加里結婚早そうだなw画像可愛いし出身や経歴も気になる

ごきげんよう皆の衆。
なぜか彼女の妹の進路相談に乗ってた俺っちでござる。

「いや~、今は高校受験の仕組みも俺っちのときとは違うな~」
なんて思いながら、話を聞いてたわけだが、ああやって頼られるっていうのは
悪い気がしないものだな。(ちなみに彼女の妹は、相手もいないのに
18歳でもう結婚したいなんて言ってたけど・・・笑)

Sponsored Link

さて、そんな俺っちが、先程見てたのが、こちらのYouTube動画!

>磯崎由加里投手の投球動画<

そう、見ての通りの磯崎由加里(いそざきゆかり)選手の動画である!
去年のカナダ戦の時のだから、割と最近のものだな。

YouTubeを見てると、よくありがちな、関連動画(横に出てくる動画)に
「あ、これも見たいわ」っていう動画が並んでいて
そこ経由で見るっていう、よくありがちなパターンで視聴をしたわけだが
いや~、改めて見てみても、やっぱ彼女の投球って
美しいなって思った次第だったぞ。

磯崎由加里選手って言ったら、やれ急速が遅いって点を
ネット経由の一般人(あるいは野球関係者?)に、以前指摘されてるのを
見たことがあるが、投手として、急速だけが唯一大事なものでは
ないと思うし(例えば球種とか)、それにやっぱこうやって投球フォームが
ビジュアル的に美しいっていうことは、すなわち無駄な動きとかがなく
それだけ効率的に全身でボールを操っているっていう証拠だろうからな。

それに、彼女の場合、特に顔がいいからな~♪

多分、女子野球(マドンナジャパン)の中で
一番可愛いのはだれ?っていうアンケートみたいをのを取ったら
きっと俺っちは彼女がぶっちぎりで一位になるって確信してるし
事実そのくらいネットでもリアルでも磯崎由加里選手に対して
「かわいい!」っていう意見は聞くもんな。

 

でも、それも納得だと思う!

まず、普通にこういう「美人OL」っていそうだし
女子アスリートで、かなりの筋力を必要とされるであろう
「ピッチャー」っていうポジションを、第一戦でこなしながら
これだけごつくないのも凄いって言えるだろうからな。

他のマドンナジャパンメンバーにも、もちろんかわいい女性はいるが
きっと彼女はもっともモテるメンバーの一人って
確実に言えると思う。

生年月日:1991 年7月26日
年齢:24歳
NAVERまとめより

わお・・・で、彼女のプロフィールっていうか、生年月日とか
今の年齢を知りたいなって思い、Wikipediaがないか調べてみたけど
なんとまだないではないか!

いや~、今や結構マイナーな芸能人とかのWikipediaも、普通に
あったりするのに、磯崎由加里選手クラスの知名度の人で
Wikipediaが存在しないとは、正直意外だったが、ないものはしょうがないので
NAVERまとめの彼女のプロフィールを見てみたぞ。

で、見てみてびっくり。
いや、20代で俺っちより若いのは知ってたが、ほんとに若いな。
まさか、25歳以下とは思わなかったぞ。

ただ、これだけ可愛いと、絶対男性が寄ってくるのは間違いないし
これから20代後半になるにつれ、そういう熱愛したり、あるいは
結婚したりっていう機会が彼女に頻繁に訪れるであろうことを考えると
何科俺っちは、心配でたまらなくなるな。

なんで、多分、彼女のこれだけの美貌から考えて
磯崎由加里選手の結婚は、きっと他の選手より早い(多分20代)であろう
って予想が簡単につくが、ファンとして、まだまだ野球を続けて欲しいし
もしそんなことになったら、俺っちは普通にショックだな(女々しい)。

く~、まだまだ野球一筋でいて欲しいものである。

Sponsored Link

山口出身の埼玉栄高校卒だったんだ・・・

そうそう、で磯崎由加里選手のWikipediaがない事を知り
さっきのNAVERまとめを見てたわけなのだが、そこで俺っち的に
ちょっとびっくりだったのが、彼女のこれまでの経歴について!

出身地:山口県 宇部市
出身校:埼玉栄高校
所属チーム:尚美学園大学
NAVERまとめより

そう、思いっきり山口県出身だったんだな。
いや~、知らんかったわ。

まぁ、彼女自身スポーツ選手なので、俺っちたちがそんなに頻繁に
彼女らの声や喋りを聞くってことはないのだが、それでも山口県民って
「しちょる」とか「ばい」(?ちがうかも)みたいな、少なくともかなり
聞いててクセを感じるような方言を話すような印象だからな~。

なんで、磯崎由加里選手にたいして、そういう標準語と違うしゃべり方を
するっていう印象を持ってなかった俺っちとしては、かなり意外だったぞ。

あとは、学歴かな(っていうか、出身校)。
山口からの埼玉だもんな~。
おそらく野球のために埼玉に移動したんだろうけど、流石はこうやって
プロになる人だけあって、気合の入り方が違うなって思ったぞ。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ