フェデラーのサーブ速度や特徴種類は?グリップ真似できんw

ごきげんよう皆の衆。

今月のWTAファイナルズや、来月のフェド杯決勝が
めちゃめちゃ楽しみな俺っちでござる。

Sponsored Link

最近特に、この「テニス」っていうスポーツが、俺っちの中での
マイブームなので、女子テニスのみならず、男子テニスもかなり
楽しみにしてるって感じなのだが、そんな俺っちが最近気になるのが
ロジャーフェデラー選手!

あの、特徴的なサーブグリップの握り方でめちゃめちゃ有名な
世界的なスーパーアスリートの彼だな。

>ロジャーフェデラー選手の画像<

ちょうどさっきも、
「去年のUSオープンで、ロジャーフェデラー選手と
マリンチリッチ選手、どっちが勝ったっけ?」
なんて思いつつ、去年のUSオープンの結果を遡って見てて
マリンチリッチ選手が3-0で勝利したことを知ったのだが
そこで、個人的に「お!」ってなるような記載を見つけたんだよな。

最高サーブ速度
204.8
http://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp/より

そう、でそれがこれなわけだが、見ての通り
ロジャーフェデラー選手の最高サーブ速度の記載である。

いや~、確かに我々一般人からしてみれば、考えられないくらい早いと思うし
こんなスピードのサーブが飛んで来たら、まず受けれる気がしないけど
それでも男子テニスの世界トップって、最高サーブ速度が、
260kmくらい行ってた気がするから、そこと比べると、そんな超スピード
って感じでもないんだなって、ちょっと意外に感じたな。

サミュエル・グロス 263km/h.
NAVERまとめより

うん、でちょいと「男子テニスの最高サーブ速度」でググってみたら
サミュエル・グロス選手のこんな記録が出てきたけど
そこと比べると、かなり遅めなんだな・・・、うわ~、結構意外かも・・・💦

 

あの特徴的なサーブは何サーブって言うの?

そっかぁ、ロジャーフェデラー選手のサーブって
やったら話題になるような印象だけど、そのサーブ速度に関しては
世界一には程遠いのか~。

やっぱ彼のサーブの魅力は、あの「独特なねじった感じ」によって
生み出されるであろう、「異様なまでのバウンド」」かなって思う。

ここまで特徴的なフォームや、ボールの動きを見せる
サーブをする選手って、そうそういないだろうからな。

>ロジャーフェデラー選手のサーブ(スローモーション動画)<

うん、改めて、彼のサーブ動画(スローモーション)を見てみたけど
あの、ひねりっていうかうねりっていうか、体をバネのように
しなやかに使ってる感じって、すっごく特徴的だと思ったわ。

相手から逃げていくように、斜め上に高くバウンドすることが特徴です
http://hotshot.jp/より
ツイストサーブは、その回転にさらにねじれの回転が加わって、
バウンド後サーバーから見て右に大きくキックします。
http://tennis-win.net/より

実際、「フェデラー サーブ 特徴」でググってみても
こんな感じで、俺っちと同じような感想を持った人の意見が
めちゃくちゃたくさん見つかるもんな・・・💦
(まぁ、これだけ特徴的なサーブをしてるんだから、当然だとも思うが)

あのサーブの種類っていうか、サーブの名前は、何て言うんだろうか・・・?

いや、あんなサーブする人は、きっと世界中にロジャーフェデラー選手
くらいしかいないだろうけど、それでも大雑把にサーブを分類した時に
あのロジャーフェデラー選手の、サーブは、どのカテゴリに属するのかな?
っていうのが、個人的にすっごく気になるので
「ロジャーフェデラー選手 サーブ 種類」でググってみたぞ!

ロジャーフェデラー選手によるツイストサーブ( キックサーブ)です。
NAVERまとめ

そしたっけ、彼のサーブについてまとめた、NAVERまとめの
こんな記載を発見!

へ~、あのサーブの名前はツイストサーブ、またはキックサーブって言うのか。
なるほどな~、めっちゃ勉強になったかも!

Sponsored Link

グリップの握り方は、真似しない方がいいと思う笑

さて、そんな感じで、ロジャーフェデラー選手選手の
あの特徴的なサーブの名前である「ツイストサーブ」を知り
ちょっと嬉しくなった俺っちが、さきほどの彼の
サーブのスローモーション動画を再度見てて、もう一点別に
気になったのが、ロジャーフェデラー選手のサーブ時の
グリップの握り方に関してである!

これも、考えてみれば、そういう指摘を受けてるのを
何度か目にしたことがあるが、ロジャーフェデラー選手って
やったら細くて小さいグリップを使用してるんだよな。

「こんなに持つ部分が狭くて、あんな激しいサーブとか、大丈夫?」
って感じが、正直めちゃめちゃするが、これは何か本人の
ポリシーのようなものがあって、こういうことになってるんだろうか?

めちゃめちゃ気になるので、「ロジャーフェデラー グリップ」
ちょいと検索してみたぞ。

グリップサイズは2。幼いころからずっとグリップサイズ2を使用している。
報道陣に「グリップがそんなに細くていいのですか?」と質問されたときに
フェデラーは「小さいころから使い、慣れ親しんでいるグリップを何故変えなきゃいけないんだ。」と答えた。
通常の物よりも薄いタイプの白いグリップテープを巻く。
http://puredrive.aufield.com/より

さぁ、そしたっけ、こんなインタビュー記事を発見してびっくり!

「やっぱみんな同じところ疑問に思うよな~」なんて思いながら
インタビュー本体を眺めてたわけだが、なかなか凄い理由だな。

要は、「子供のときからずっとグリップサイズ2で、そこになれてるから
変えたくない」ってことなんだろうけど、俺っちはこれを見て
「あ~、これはロジャーフェデラー選手だからこそできることなんだろうな~」
って、正直思ったぞ。
多分、「本人のみができる神業」って類の物なんだろうし、
「素人が真似できない感」みたいのが、めっちゃした気がする笑

やっぱ昔から慣れ親しんでるものは、一番だもんな♪

なんで、実は、ロジャーフェデラー選手のあの特徴的なサーブと
この異様に小さいグリップとの間に何か関係があるなら、ちょっと
真似させてもらおうかな・・・なんて思ってた俺っちも、この記載を見て、
『あ~これは「ロジャーフェデラー選手だからできる」って類の事
なんだろうな~』って思い、真似を断念した次第である。

いや~、天才は違うな~、うらやま♪

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ