テニスで15や40って得点数を数える理由はなぜ?&ラブの意味や由来は?

ごきげんよう皆の衆。
管理人の俺っちでござる。

Sponsored Link

今日、テニスの試合を見てたら、個人的にすっごく疑問に思うことがあったのだが
それが何かっていうと、他でもない「テニスでの得点数の数え方の方式」である!

そう、諸君らも知ってるであろう通り、テニスでは、「0-0」から始まり
それが「1-0」や「2-0」、「2-1」等に推移するのではなく

  • 15-0
  • 30-15

はたまた

  • 40-30

と言った具合に、得点が推移してくわけだ。

俺っち自身、このことを知って、

  • なんで15点なの?
  • そして40点な理由はなぜ

って、疑問に思わなかったわけでは決してないけど、
それでもその理由を知ることなく、今日まで至ってしまったわけだが、
なんかこれって、考えてみれば考えてみるほど不気味だなって気がするし、
気になりだしたら止まらない、性格の俺っちとしては、確認せずには
いられないなっていう心境になったわけだ。

 

なぜ、15刻みで40なのか?

さて、そんな好奇心旺盛な俺っちは、さっそく、「テニス なぜ15点」って言う
なんとも安易なキーワードでグーグリングを行ったわけであるが、
そしたっけ、びっくりするような数のサイトたちを発見!

いや、俺っちも、この、テニスの得点のカウント方式に関する疑問って、決して
レアな疑問ではないっては思ってたけど、まさかこんなにたくさんのサイトたちが
出てくるとは思ってなかったものだから、ほんとインターネットの普及って
我々にとって有り難いことなんだな~って、改めて痛感したぞ。

最初は時計を数字板の代わりにしており、
90度ずつ、15,30,45,ADで数えていましたが、
フランス語の45があまりにも長くめんどくさくなったため、
40になったそうです。
フランス人、めんどくさがりすぎやろ。
ヤフー知恵袋より
現在のテニスの直接の祖先に当たる球技は、8世紀ごろにフランスで発生し…
Wikipediaより

ほい、したら俺っちも大好きなWikipediaに親切な回答が!!

あ~、テニスの発祥の地って、フランスだったんだ・・・なんて感心しながら
見てたけど、要は要約するとアレだな。
時計のように、360℃で60を表すような場合、必然的にそれを
四分割(時計で言うと15分)
したくなるのが人間であり、テニスの得点の
カウントの単位である15の出所は、
60÷4であるっていうことだな。

なぜ、1単位にしないのかについては、ゲーム数と混同しないためらしいが、
たしかにそれはわかるなって思う。

もし仮に、テニスの得点数のカウント方式が、15点単位でなかったら
例えば、「今1-2です!」って聞いても、それがこのゲームでの得点なのか
これまで取ったセット数を言ってるのかわからないもんな。

いや~、こうやって理由を聞いてみると、俺っち的には、そこそこ
納得できたかなって気がするし、さすがに伊達に作られた競技ではないなった思った次第である。
(大抵スポーツのルールとか、由来とかで疑問に思う事って、こうはスッキリできないものだからな。)

あと、なぜ3得点目が45でなくて、40なのかっていうのも、面白いなって思ったな。
フラ語で45は・・・quarante cinq・・・かな・・・?(ちょっと定かじゃない💦)

まぁ、何だとしても、少なくとも英語のfourty five同様、かなり発音するのが
めんどくさい数である。ってことは容易に想像できるし、そういう略し方をするあたり、
なんともヨーロッパ発祥の、スポーツって気が、俺っちはめちゃめちゃしたぞ!!

うわ~、この雑学、結構凄いかも。
俺っち、超スッキリしたわ♪

Sponsored Link

つか「ラブ」って何・・・?LOVE(愛)のこと?

そうそう、でスッキリしたはいいけど、せっかくここまで確認したんだったら
俺っち的についでにもう一個調べたいなって思ったのが「ラブ」についてである!

そういやテニスじゃ、0点の事を、なぜか「ラブ」っていうもんな
これも考えれば考えるほどweird(変)だと思う!

フランス語で「卵」を意味する「l’oeuf」から取った言葉
その後、イギリス人が「l’oeuf」を「love」と言ってしまい、それがそのまま定着したという説が有力
英語の「love」にはかつて「nothing」+という意味があり、「何もない状態(nothing)から始める」という意味で「love」が使われたという説もある
http://yms-t.co.jp/より

さて、そんな最近覚えた英単語「weird」を発動させた俺っちは、これもまた
ちょいと確認してみたわけだが、どうやら、

  • 「卵」を意味する「l’oeuf」から来た説
  • 英語の「love」から来た説

の2つがあるようだな。

まぁ、俺っちは英語のネイティブスピーカーではないので、「英語のLOVE=愛」
みたく認識しちゃってるクチだから、二番目の説(英語の「love」から来た説)
のほうは、
ちょっとしっくりこないかなって気が、個人的にはしたかな。
(こっちのほうが、理屈的には易しいと思うが)

それに、「卵=生まれたて(=0)=これから成長(加点)する」
みたいなイメージが、個人的にしっくり来る気がしたんで
諸説、あって、確かなことはわからんっていうのが実情なのかもしれないが
個人的には最初の「l’oeuf(フラ語の卵)」から来たっていう説が、
納得できる気がしたぞ。

まぁ、l’oeufなんてフランス語、俺っちも今日初めて聞いたけど
そりゃ、イギリス人が聞き間違えたかもしれないであろうこともわかるし
こういうスポーツでの、特定のことの起源を知るのって、ほんと面白いな~♪

さっきの、なぜ15、30、40って数えるのかって言うのと合わせて
ちょいと友達に薀蓄を披露してみようって思うわ笑
では良い一日を、皆の衆よ!

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ