鶴竜の横綱土俵入りや昇進が早いしおかしいだと!出身地は?

うぉぉぉぉ!

大相撲九月場所千秋楽の表彰式を見てた俺っちでござる。
いや~、今回もアツかったな~♪

Sponsored Link

今回は、白鵬選手が欠場してたってのもあって、個人的に
楽しみが半減かなって気もしてたけど、全然そんなことなく楽しめたし
やっぱ俺っち的には、最後の数日間は、今回の優勝の
鶴竜力三郎(かくりゅう りきさぶろう)選手に目が行ってしまった
って感じだったな。

>鶴竜選手の画像<

なんていうか、彼には男の俺っちですら、普通にドキドキしちゃうような
かっこよさ+かわいさみたいなものがあると思うし
それに何より今回のこの九月場所では、めちゃめちゃな強さを感じたもんな~。

最初は彼の名前を、「かくりゅう」ではなしに「つるりゅう」って思ってたことが
あるのが、嘘のようである・・・笑

生年月日 1985年8月10日
年齢 30歳
Wikipediaより

なんで、いっくら今回のこの九月場所で、最強の横綱である
白鵬選手が不在であったからとはいえ、圧倒的な強さ、存在感を
ここまで醸し出してくれると、俺っちとしてもファンにならざるをえない
って感じがすると思うし、いっくら年齢的に、「30歳」っていう
ある種の「ターニングポイント」を過ぎた人ではあるとはいえ
まだまだ今後に期待できる存在だなって、俺っちも思ってる次第である。

 

いやいや、ここに至るまで結構な経歴を積んでる人だから・・・💦

なんで、個人的にかなりお気に入りだし、頑張って欲しいなっても
思ってる力士が、この鶴竜選手なわけだが、彼の横綱昇進に関して
ツイッターとか2ちゃんとかで、ちょっと聞き捨てならないような
噂を聞くのも事実なんだよな。

それが何かっていうと、鶴竜選手の横綱昇進時期についてである。

確か、鶴竜選手が横綱になったのは、去年の事だったって
俺っちは記憶してるんだが、そのとき、リアルでもネットでも、やたら

  • 鶴竜選手の横綱昇進はまだ早い
  • 鶴竜選手の横綱昇進はおかしい

みたいな、「え、なんで?」みたいな意見を耳にして
逆に「え、なんで?」って感じてしまったっていうのが、
今も記憶に新しいもんな~。

最近知った、「横綱土俵入り」なる型が
雲龍型と不知火型のどちらを選択したのかっていうのも
個人的に気になるので、ちょいと確認してみることにしたぜ!

新入幕となった2006年11月場所では異例とも言える前頭東8枚目に番付を上げ…
入幕は2006年
2012年3月28日、満場一致で鶴竜の大関昇進が決定
2014年春場所千秋楽の後、正式に第71代横綱への昇進が決定
なお、横綱土俵入りは雲龍型を選択
Wikipediaより

さぁ、そしたっけ、Wikipediaの鶴竜選手の経歴によると
大体こんな感じらしいが、いや~、全然早くないと思う笑

まぁ、彼の現年齢が30歳ってことからもわかるし、それに俺っち自身
鶴竜選手のことは10年来見てきてるので元々この横綱昇進が早い
っては全然思ってなかったけど、こうやって経歴として見てみても
改めて確信できるものがあるな。

だって、入幕2006年だし、大関昇進も2014年とかじゃなくて
その2年前の2012年だもんな。

彼が横綱に昇進したての時に、負けが込んで成績が悪いような
ことがあったのを目にしたファンが、相撲協会に対して
「鶴竜選手を横綱にするっていう決定は早かったのでは・・・?」
っていう、ちょっと意見使用って感じのツイッターでのつぶやきとか
2ちゃんでの書き込みだったんじゃないかなって、俺っちは思う。
(その意見には必ずしも賛同しないが)

横綱になって2年、鶴竜選手自身さらに実力を付けてきた感じがあるし
今回の優勝で、そういうイメージとか意見がなくなれば良いのだが・・・。

Sponsored Link

「スフバートル」って地名を、よう聞くと思ったら・・・

あ、そうそう!
そういえば、鶴竜選手のWikipediaを見る機会があれば
個人的に必ず確認したいなって思ってたのが、出身地

俺っち、実はモンゴルのことは全然詳しくないのだが
今の相撲取りにモンゴル人が多く、そして大概の人が
呼び出しの時に「モンゴル、ウランバートル出身」って
アナウンスされてるのも知ってるのだが、この鶴竜選手に限っては
「モンゴル スフバートル(?)出身」みたいな感じで、アナウンスされてるもんな。

こりゃどう考えてもモンゴルの地名なんだろうけど、
ほんとにここが、鶴竜選手の出身地なのか確認したいなって思ったから
ちょいとWikipediaの記載を探してみることにしたぞ。

出身 モンゴル国ウランバートル市
取組前の呼び出しでは父親の出身地であるスフバートルを自身の出身地としている
Wikipediaより

さぁ、そしたっけ、かなり意外な感じになっててびっくり!

そう、彼もやっぱりウランバートル市の出身じゃないの!
自分の出身地でない、父の出身地を、呼び出しに使うっていうのが
ありだっていうのを、今初めて知ってびっくりしたし
そういう発想もありなんだな(@_@)
いや~、こういう雑学的なのも、ほんと面白いな相撲は。

うん、でちょいとグーグルマップでも見てみたけど、スフバートルって
ウランバートルに含まれてるじゃん!笑

きっと、Wikipediaの書き方的に、鶴竜選手は厳密にはスフバートルの出身
ではないんだろうけど、日本人からしみたら差もわからないし
小さな問題なのかなって気がしたぞ。
(「詐称」っては呼べないかもな笑)

いや~、なかなか面白いな、この鶴竜選手の出身地や呼び出し周りの話は。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ