イチローの2015現在メジャーでの通算安打数&打率の成績は?

うぉぉぉぉ!

ツイッターですっごい動画を発見してしまい、
ちょっと戸惑い中の俺っちでござる。

Sponsored Link

それがどんなんかっていうと、↓こちら↓である。

>元アスレチックス・ダラス・ブレイデン投手の牽制球の動画<

いや~、びっくりした。
なんとアウト取られてるの、イチロー選手だもんな。

あんな、「冷徹なまでの天才」って感じの彼でも、こんな
アウトの取られ方するんだな~って思うと、やっぱイチロー選手も
「神」ではなく「人間」なんだなってことを再認識できたし
(まぁ、それでも我々凡人とは比べものにならないくらいの度量や才能を持った人ではあると思うけど)
イチロー選手から牽制球でアウトをとったってなると、そりゃこの
ブレイデン投手も、話題になってしかるべきだろうなって思ったぜ。

>イチロー選手の画像<

「世界一早い牽制球」かどうかは俺っちもわからんが、少なくとも
そのくらいインパクトのある動画ではあるだろうな~。

 

とは言っても、「世界のイチロー」はやっぱすごいと思う

まぁ、天才にも失敗やミスはあるってことだし、天才も日々努力しながら
成長してるってことなんだろうけど、やっぱ俺っちはこのイチロー選手って
すごいなって思う。

1973年10月22日
年齢 41歳
Wikipediaより

41歳っていう年齢で、メジャーリーグの最前線で活躍してることもそうだし
実際彼の場合野球のプレイスタイルのみならず、名言とか生き方って面でも
多くの人に影響を与えてるからな~。
(俺っちの親戚の就活生が「イチロー哲学」的な本を、愛読書にしてたのも、記憶に新しいくらい)

俺っちも、彼が天才的な野球選手であることは知ってるが、
大リーグに移動後の成績が、客観的に見てどのくらいすごいのかっていうのを
一度見てみたいなって思ってたものだから、ちょいと確認してみることにしたぞ。

 

イチローがあと5年メジャーリーグにいるなら、凄い事になるかも・・・

通算安打数
歴代34位
2934本
http://www.selection-j.com/より
通算打率
.314
http://nipponbaseball.web.fc2.com/より
※現在の一位は、打率.367のタイ・カッブ
http://www.kernelsupport.co.jp/より

で、野球の成績、記録って言ったら、打率のほかに試合数とか打数、
得点、安打、二塁打って感じで、色んな項目があるのを
俺っちも知ってるけど、ここは単純にシンプルに、

  • 安打数打率

この2つを知りたいなって思ったんで
イチロー選手のメジャー移籍~2015年現在までの
通産での安打数と打率がどのくらいなのかっていうのを
確認してみたんだが、いやはやびっくり。

さっすが「世界のイチロー」なんて言われるだけのことはあると思う。
予期はしてたけど普通に凄いな。

Sponsored Link

まず、トータルでの安打数だが、歴代1位のピート・ローズ選手が
4256本なので、ここには遠く及ばないが、彼のメジャーリーグ移籍が
2000年ごろであり、現在が2015年であることを考えると
「15年で約3000本」ってことだから、あと5年イチロー選手が
メジャーリーグにいてくれれば、総安打数4000本っていうのも、
不可能な数字ではないのかなって気がするな。

彼のトレーニングは、毎日着々と同じ事を繰り返し、効率的に
体作りをしてることでも有名だからな。

「46歳、メジャーリーガーのイチロー選手」を
2020年とかに見る可能性も、そんなに低くないのかもって気がするし
彼が日本人としての記録を樹立・更新してくれれば、同じ日本人として
これほど嬉しい事はないって感じだな。

そして、もう一個の通算の打率
これもさすがだな。

打率3割超えるって、かなり難しいと思うし、それをメジャーリーグで
しかも一時的な数字じゃなくて、これまでの通算成績で
これだけの打率になってるんだから、ほんとすごいって思う。

ちなみに今日見本位で、歴代メジャーリーガーで、一位の
打率を誇るのは誰かな?なんて思いつつ、タイ・カッブ選手のことも
調べてみたが、そこと比較すると、約5%という、大きな差があるとはいえ
それでもイチロー選手の数字も普通に凄いなって思ったぞ。

米国通算 .282
http://www.sanspo.com/より

うん、他の日本人選手と比較しようって思い、
ちょいと松井秀喜選手の、米国通算打率を調べてみたが
彼ほどの大物プレイヤーでも、通産の打率は3割を切るもんな。

いかにイチロー選手の数字が凄いかってことだと思う。

さて、では薀蓄も増えたところで、今日も野球観戦するかな~♪

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ