室伏広治の身体能力や伝説動画は評価されるべきだろw

ごきげんよう皆の衆。

ツイッターをやってたら、個人的に大好きな
室伏広治(むろふし こうじ)選手に関するツイートを発見したので
ついついガン見してた俺っちでござる。

Sponsored Link

室伏は、ハンマーにどの程度力が伝わっているかを音に変換し、どのように身体を動かせば効率よくハンマーの加速につながるかを研究した
http://japan.cnet.com/sp/より

>より詳細な記述はこちら<

さて、そのツイートに含まれてたリンク先にあったのがこちらのサイトの
この記載なのだが、要は、彼が大学で、スポーツを、かなり学問的な
研究分野として、「どうすればハンマーをたくさん飛ばせるのか」っていうのを
研究してますよっていう内容なわけで、俺っちもこれを見て思い出したけど
そういえば、室伏広治選手って、何年か前から
大学教授として、ハンマー投げを学術的に研究してる人だったな~ってことを
ふと思い出したぞ。

>室伏広治選手の画像<

2011年4月、中京大学スポーツ科学部競技スポーツ科学科准教授に就任
Wikipediaより

あ、ちょいと確認してみたけど、教授じゃなくて准教授か・・・。
(彼ほどの経歴や実績があれば、余裕で「教授」になれたと思うのに、なぜだろ・・・?)

なんか、室伏広治選手って言ったら
「人並み外れた身体能力、運動神経の持ち主」
ってイメージがすっごく強いし、一般的にこういう室伏広治選手みたいに
「めちゃめちゃ運動神経のいい人」って、いわゆる「脳筋」タイプっていうか
「頭を使って研究するより、体を使って感覚的に訓練するのが好き」
ってタイプの人が多い印象だから、そういう中で彼のように
ハンマー投げを学術的に研究しようっていう一流アスリートは、
それだけでかなりレアだなって気がするな~。

スポーツにしても何にしても、「分析」と「実践」の両方がある方が
絶対成果が出やすいと思うし、きっとこの人も、この
「世界的な陸上選手、ハンマー投げを選手」っていう今の立場に
なるべくしてなった人なんだろうな~♪

 

ちょ・・・身体能力がドラゴンボールみたくなってる笑

なんで、この室伏広治選手、きっと、研究者としても
超一流なんだろうけど、それでもやっぱり今日まで彼を
アスリートとして見てきた俺っちとしては、注目すべきは
なんて言ってもその身体能力かなって思う。

  • 筋肉量とかは、普段の室伏広治選手を見てればわかる通りだと思うし・・・
  • 以前、ハンマー投げの時に、彼の体がウン百キロっていう遠心力に耐えてるっていう話も聞いたことがあるし・・・
  • 筋肉番付の、ビーチフラッグスでは、トップアスリートたちにありえないくらいの差を付けて圧勝してたような記憶があるし・・・

って感じで

  • パワー
  • スピード

の、両方が人並み外れて凄いような印象があるんだが、
彼の足の速さや力の強さを、客観的な数字とかで見てみたいな~って思ったかわ
ちょいと「室伏広治 身体能力」でググってみたぞ。

握力120kg以上(針が振り切れて計測不能)
背筋力389kg
100mは10秒台
(ビーチフラッグスというスピード競技で世界選手権100Mのメダリストと勝負してなんと勝ってしまいました。)
立ち幅跳びでは360cm以上
NAVERまとめより

さぁ、そしたっけこんな感じの、まさに俺っちが見たかった記載を発見!

うわ~、予期はしてたけど、それよりはるかに凄いみたいだな・・・💦
握力三桁とか聞いたことないし、きっと全身の筋肉量が、
少なくとも、われわれ凡人とは、桁違いの人なんだろうな~っていうのは
すぐにわかった気がするわ・・・。

なるほど、100m走は10秒台か・・・。
やっぱさすがに早いな。

ビーチフラッグスでのエピソードは初耳だが、たしかにそのくらい強かったもんな。
俺っちも当時筋肉番付を見てたけど、まさに「ぶっちぎり」って言ってもいいくらいの
速さに感じたし、そりゃ100m走のメダリストに勝ってもおかしくないと思う。
(ヤバいくらい凄い事だと思うけど)

きっと、速さでは若干メダリストの方が早いんだろうけど
室伏広治選手は、反射神経とか、体を起こす速さとかが、めちゃめち早そうだもんな~。

この、「パワーやスピード等のあらゆる身体能力を同時に兼ね揃えてる感じ」
って、数あるアスリートの中でも、室伏広治選手特有のものだと思うし
昔で言う所の、まさにドラゴンボールの登場人物とか、敵のような
能力だなって思ったわ・・・笑

彼の身体能力が凄いってことは、有名な話ではあるが
それを踏まえても、俺っち個人の意見としては
「この身体能力は、もっと評価されてしかるべき」って感じがするな。

ある意味、「人類史上伝説」っても言えるくらいのものだろうし。
いや~、ほんとすごい、室伏広治選手!

Sponsored Link

これが伝説動画か・・・💦

さて、彼の身体能力を数字で客観的に見て
その凄さに改めて感心した俺っちが見たくなったのは
まさに「伝説」って呼ぶべきであろう、彼の筋肉番付の動画!

あの、ビーチフラッグスで、余裕の圧勝してる様子を
もう一度見たいな~って思い、ちょいとYouTubeで動画検索した
わけだが、そしたっけ、意外にあっさりと発見!

>室伏広治選手の筋肉番付動画<

ほい、でこでがその動画なわけだが、いや~、冒頭から凄い。

スライディングっていうのかな。
これ、とる時に、通常は、0.01秒でも早く、旗に到達したいから
通常はダイブするように飛び込むのが常であると思うけど
そうせずとも楽勝で、余裕の一番で旗まで到着してるところが
むちゃくちゃすごいなって思ったわ。

なんだろ、「小学生の中に、高校生が混じってる」
みたいな感じになってるもんな。
いや~、改めて恐ろしき身体能力・・・💦

その後の、動画の後半での、綱引きみたいな種目で
フランシスコフィリオ選手を瞬殺してるところも
見ててびっくりしたし、まさに

  • 走って良し
  • 反射神経も良し
  • がたい、パワーはもちろん桁違い

っていう、「マルチ」なアスリートって言えるんだろうな、彼は。
証明はできないが、きっと彼が陸上を選ばずに
野球やラグビーってあたりのスポーツを選択してたとしても
余裕でプロになって、有名な選手になってたんだろうな~って思うわ。

いや~、それにしても、数字(データ)で見ても、動画で見ても
とんでもないアスリートだな~室伏広治選手は。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ