ソリアーノのヤンキース移籍や復帰&トレードと背番号は?

ごきげんよう皆の衆。

スポニチアネックスの、過去のニュース記事を見てたら
かなりびっくりするような記事を見つけ、若干戸惑い中の
俺っちでござる。

Sponsored Link

それがどんな内容かっていうと、こちら!

今夏7月にヤンキースを戦力外となっていた元広島のアルフォンソ・ソリアーノ外野手(38)が4日、地元ドミニカ共和国で記者会見を行い、現役引退を表明
http://www.sponichi.co.jp/より

そう、見ての通り、あのドミニカのメジャーリーガー
アルフォンソ・ソリアーノ選手の、引退に関する記載なわけだが
これが書かれたのは、2014年の11月。

そう、つまり去年引退してたんだな、ソリアーノ選手って・・・。
く~、知らんかったぜ・・・。

>ソリアーノ選手の画像<

生年月日 1976年1月7日
年齢 39歳
Wikipediaより

ソリアーノ選手っていったら、俺っちの中では
昔広島にいたっていうイメージが物凄く強く
ドミニカの選手ではあるけど、日本人にとってもなじみの深い
選手であり、俺っちも個人的に好きな選手であるっていう
印象が強いが、考えてみてば彼ももう、こんな歳なんだもんな~。

いつの間にかの引退は残念ではあるけれど
それもやむなしって感じなのかもって気がするぜ・・・。

 

たしか、ヤンキースからトレードで他チームに移籍し、また復帰したんだよな

今回は、ついに残念ながら引退ってことになってしまったが
このソリアーノ選手って言ったら、かなり色んなチームを
転々と移籍してるようなイメージがあるもんな。

  • 元々は広島
  • その後ヤンキース
  • ヤンキース時代移籍後も、トレードやら移籍やら復帰で話題に

って感じの印象が非常に強い選手になるのだが、
彼の、チームへの所属や移籍の歴って、どんな感じなんだろうか?

経歴を確認してみたくなったので、Wikipediaを見てみたぞ!

2004年2月16日にアレックス・ロドリゲスがヤンキースへ移籍した大型トレードに伴いテキサス・レンジャーズへ移籍
その後のナショナルズ、カブスに所属
2013年7月26日にコーリー・ブラックとのトレードで、ヤンキースに復帰
Wikipediaより

ほい、そしたっけ、Wikipediaの経歴欄には、こんな記載が!

なるほど!

  • 広島からのヤンキース

で、そっから

  • 2003年のレンジャーズへの移籍(アレックス・ロドリゲスとのトレード)
  • その後のナショナルズ、カブスっていう移籍

を経ての

  • 2013年、最終的にヤンキースへの移籍

からの

  • 2014年11月の現役引退

っていう経歴ってことか。

いや~、さっすがベテラン選手、かつ長いことメジャーリーグでプレイした
選手ってだけあるな~って思う。

偉大な選手に共通して言えることとして
こうやって経歴を見てみたときに、「引っ張りだこ感」みたいのものを
感じることっていうのがあると思うな。

Sponsored Link

え、レンジャーズ以降ずっと12なのか・・・💦

そうそう、あと、俺っちが、このソリアーノ選手の経歴を見てて
「お!」ってなったのは、彼の背番号

74 (1996年 – 1997年)
66 (1998年)
58 (1999年)
53 (2000年)
33 (2001年)
12 (2002年 – 2014年途中)
Wikipediaより

さっすが、一流のプロ野球選手だけあって
Wikipediaを見てても、こんな感じで、彼の背番号に関する
記載があるわけだけど、注目すべきはなんと言っても
2002年以降の「12」っていう数字だと思う。

それ以前の広島時代とか、ヤンキース時代には
毎年って言ってもいいくらい頻繁に、背番号をチェンジしてるって
言うのに、2002年以降は、ずっと「背番号12」で通してるんだもな~。

いや~、びっくりだぜ。
(俺っち、野球選手の背番号って、あんまり見るほうじゃないから、特にびっくり(@_@))
よっぽど彼にとって愛着のある数字だったのかもな。

く~、彼の引退がほんとに残念な限りである。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ