バッバワトソン夫婦の子供って養子?愛用時計の値段w

ごきげんよう、皆の衆。

ゴルフにそんなに詳しくないのに、やれスイングだ、やれセッティングだ
やれドライバーだって、色んな選手の色んな愛用品等見かけるたび、
そのかっこよさに見とれ、ガチでゴルフを始めようかなって考え始めてる
管理人の俺っちでござる。

Sponsored Link

さっきも、あのバッバ・ワトソン選手のスイング解説動画を見てたんだが
いや~、これがなかなかの品質だったもんな~♪

>バッバ・ワトソン選手のスイング解説動画<

バッバ・ワトソン選手って言ったら、かなり独特なスイングを持ちながら
なかなか気難しい性格を持ってそうなイメージがもっぱらあるけど
「実はお茶目でした」みたいな話を去年くらいに聞いて、俺っちもそのギャップに
かなり萌えてしまったクチなのだが、なんつっても、飛距離が世界一だもんな。

>バッバ・ワトソンの画像はこちら<

元々、ゴルフってかなり濃いファンが一定数いるから、最近は日本人でも
さっきのYouTube動画みたいに、スイング解説等の動画を上げてる人が
いるのは知っていたが、そりゃ彼の場合、みんながその秘密に関して気になるだろうし
さっきの動画の異様な再生回数にも納得かなって思ったぞ。

生年月日 1978年11月5日
年齢 36歳
出身地 フロリダ州バグダッド
身長 191cm
体重 82kg
利き手 左
Wikipediaより

いや~、それでももう36歳なんだ(*_*)
俺っち、てっきり自分と同じくらい(アラサー)だと思ってたんで少しびっくり。

身長体重も意外にあって、結構がたいのいい選手なんだな。
さっすがスポーツ選手だ!

 

父になったのは、2012年ごろだったのか

あと、バッバ・ワトソン選手って言ったら、個人的に気になるのが
養子の子供(たしか男の子だったかな?)の事である。

何年か前に、彼がマスターズかなんかで優勝する直前に

  • 父親になりました!
  • 養子をとりました!

みたいな事を言ってたのが、かなり印象的だったんだよな。

たしか、2~3年前のことだったと思うんだが、正確にいつだろ?って思い、
ちょっと確認してみることにしたぞ。

ワトソン夫妻は子供ができないため、赤ちゃんの養子を数週間前にもらったばかりで…
http://dndi.jp/より
ちょうど2年前、生後1カ月の男の子を養子に迎えた
http://www.pargolf.co.jp/より

あ~、やっぱこういう一流選手が養子をとるっていうのは一大事だけあって
かなり色んなニュースサイトやゴルフサイトでの記載が残ってるな~って
いう印象だが、2014年春の記事に「2年前に」なんて記載があるから
2012年頃の話ってことか。

ワトソンの妻アンジーは身長193cmの元バスケットボール選手である
Wikipedia

いや~、彼の奥さんのアンジーさんも、元バスケの選手として有名なのは知ってるが
子供を産めなかったんだな~(@_@)
(っていうか、彼女の身長の方が、バッバ・ワトソン選手よりも若干高い事にも個人的には少し驚愕・・・笑)

Sponsored Link

ちょ、4500万って・・・笑

そうそう、あとバッバ・ワトソン選手って言ったら、個人的にめちゃめちゃ気になるな
って思ってたことがもう一個あって、それが何かっていうと、彼の
愛用腕時計に関してである。

ゴルフ選手は、その賞金額とかから考えても異様にお金を持ってる人が多いので
こういう装飾品一つとっても、かなりお金を使いまくりな人が多いとは思うが
そんな中でも、このバッバ・ワトソン選手、特に高級な腕時計を
装着してるらしいもんな。

なんで、これは確認しないわけにはいかないって思い、ちょっと
「バッバ・ワトソン 腕時計」で、銘柄や値段等調べてみたぞ。

「リシャール・ミル」というブランドの最新モデル「RM-038」
価格は4,567万5,000円(税込)
http://www.golfdigest.co.jp/より

ほい、そしたっけ、ゴルフダイジェストさんのホームページに、
こんな記載が!

うわ~、案の定って感じでもあるけど、それでも、高いって知って見てても
やっぱ高額笑

だって、我々一般人が、10年くらいかけて、やっと手にする金額の
腕時計をしてるってことだもんな。
いや~、恐ろしや・・・💦

まぁでもバッバ・ワトソン選手も他の一流のゴルフ選手もそうだけど
こうやってお金を持ってて、いいものを身に着けてるのに、高飛車な
感じとかはなくて、「愛妻家で子供も大事にする」みたいな
素晴らしい人柄がにじみ出てるところがいいなって思う。

次回以降の大会も楽しみだな~♪

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ